男性が選ぶべき日焼け止めの種類を徹底解説!結局どの日焼け止めを使うべき?

日焼け止めの種類とおすすめ

日焼け止めの種類と特徴

男性の日焼け止めのおすすめの種類

クリームタイプ

日焼け止めの中でも最もオーソドックスなタイプがクリームタイプです。

日焼け止めによっては、ジェルタイプと呼ばれていることもあります。

この日焼け止めは、以下のような方におすすめです。

  • なるべく費用を抑えたい
  • 乾燥肌
  • ひとまず日焼け止めを使ってみたい
  • 長時間屋外にいる

クリームタイプは一番身近で安価なものもあり、商品数も多い日焼け止めです。

近くのドラッグストアやコンビニにもよく販売されています。

クリームタイプのため、肌馴染みがよく、乾燥肌でお悩みの方が使いやすいタイプです。

テクスチャには少し固さがあるのですが、伸びの良さは十分にあり、簡単に全体に塗ることができます。

また、保湿力を高めるため油分が多いので、使用後のべたつきが気になることもあるかもしれません。

その分、肌にしっかりと密着し、防水性も高いことから落ちづらい特徴があります。

スポーツなどで普段汗をかく場合にも向いています。

使いやすさもあり、価格も比較的抑えることができ、日焼け止めの効果もあり、万能型の日焼け止めです。

 

スプレータイプ

  • 簡単に日焼け止めをつけたい
  • さっぱりと使用したい

スプレータイプは、ここ最近で増えてきている日焼け止めです。

手を汚すことなく一気に広範囲に塗布することができるので、手軽で時短にもなります。

そしてクリームタイプでは塗りづらい背中にも簡単に塗布できますし、また塗ることのできない頭皮にも使用できます。

短髪の男性に特に多い頭皮の日焼けも防ぐことができます。

しっかり塗布できているか分かりにくいので、塗りムラができやすいことと、周りに飛び散るので公共の場では使用しづらいデメリットもあります。

 

パウダータイプ

  • 敏感肌
  • ベタつきが苦手

パウダータイプは、あまり男性には馴染みがないかもしれません。

ミネラル成分を主成分としていることが多く、肌にとても優しいので敏感肌の方にも負担の少ない日焼け止めです。

付け心地もサラッとしていて、日焼け止めを落とすときも石鹸で簡単に落とすことができます。

その分、水や汗に弱いので夏場は特にこまめな塗り直しが必要になります。

そこで男性にオススメなのが、パウダータイプを単体で使用するのではなく、クリームタイプやスプレータイプを塗布した後に仕上げとして使用する方法です。

男性向けに作られているものはほとんどないのが現状です。

 

サプリメントタイプ

  • 長時間持続させたい
  • 全身をくまなく日焼け止めしたい
  • 徹底的に日焼け止めをしたい
  • 目の日焼け止めをしたい

元々は海外発祥であるサプリメントタイプの日焼け止めでしたが、ここ数年日本でも普及し、国産の商品も多数発売されています。

最近では、日焼け止めサプリの使用者が増えていて、注目されています。

ただ、未だにサプリメントの効果を信用しておらず、使っていない方も多くいます。

日焼け止めサプリは、塗り残しが起こらないため、全身をしっかり日焼け止めすることができます。

含まれている成分のほとんどが植物由来の天然成分でできており、副作用の心配がなく、使用者がもっとも増えている日焼け止めです。

長時間の運転やスポーツなどで、大きな悪影響を及ぼす目の日焼けに対しても効果があるのが、大きなメリットです。

体の内側から日焼け止めを行うため、効果が持続しやすい特徴があります。

 

男性は結局どの日焼け止めを使えばいいの?

日焼け止めには、いくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

使用する目的や個人の好みによって、選ばれる日焼け止めはそれぞれです。

日焼け止めを選ぶ際に迷った場合には、もっとも万能であるクリームタイプ(ジェルタイプ)の日焼け止めをおすすめしています。

商品数も多いため、自分の好みの商品を選ぶことが可能です。

ただし、最近では日焼け止めサプリメントも効果が高いため、注目を上げてきています。

日焼け止めサプリに抵抗がないという方は、全身を長時間日焼け止めできる効果を持っているためおすすめです。

【男性用】日焼け止めおすすめランキング3選