季節ごとのスキンケアで大切なことは?

季節ごとにスキンケアは変えるべき?

肌は、空気の汚れや湿度、生活習慣やスキンケアの方法など、さまざまな影響を受けます。
特に肌トラブルが起きやすい肌は、とてもデリケートな状態になっています。

季節が変わると、さまざまな環境が変化するため、肌に影響をもたらします。
そのため、季節にあったスキンケアをするように工夫すると、よりスキンケアの効果を引き出すことができます。

効果として大きな差がつきやすい、大切なポイントです。
しかし、まだまだ季節によるスキンケアを意識している人はそれほど多くありません。

少しでも意識できればスキンケアにおいて、一歩リードすることができます。

 

春は、冬の寒さが残っていたり、夏の暑さが出てきたりと、気温が変動しやすい時期です。
急激な気温の変化によって、肌の新陳代謝が乱れやすくなります。

また、風が強くなるため、花粉の飛散量が一気に増えます。
それによってアレルギーや肌荒れが起きやすくなります。

また、皮脂の分泌量が多くなり始める時期でもあります。

そのため、洗顔は優しく洗い流してあげることが大切です。
肌表面の花粉や汚れを洗い流して綺麗にしてあげることが重要です。

また、Tゾーンは皮脂が分泌しやすいため、Tゾーンは意識してしっかりと汚れを落としてあげると良いです。

紫外線対策もしっかりと行いましょう。
春はまだ紫外線対策をしなくていいやという考えは、肌にダメージを与えてしまいます。

実際に、4月5月は夏と同じくらいの紫外線量があります。
天気が良く、日差しが強い日には、日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 

気温が高くなり、太陽による紫外線も増加する時期です。
肌をきれいに保つためには、まず紫外線が対策が必須です。

さらに帽子やサングラスなどを使用して、紫外線を極力浴びない方が良いです。

外出後は、肌が軽いやけど状態になっています。
そのため、パックなどで美容成分をしっかりと肌に染み込ませてケアしましょう。

また、エアコンによる肌の乾燥が表れやすくなります。
皮脂の分泌量が上がり、ベタベタしやすいですが、乾燥もしやすい時期です。

まず、洗顔は毛穴の奥まで届くように丁寧にすみずみまで行うと良いです。
そして、さっぱりとした化粧水などでケアしましょう。

ベタベタ系の化粧水は、不快感を感じやすく、過剰な皮脂の分泌を促す可能性があります。

 

夏に受けた紫外線の影響が肌に出てくる時期です。
これを放っておくと、肌のケアができないため、老化が一気に前進します。

太陽の日差しもおさまってくるため、肌が白くなり、シミやくすみが目立つようになります。
そのため、美容成分をしっかりと肌に与える必要があります。

夏の肌ダメージをしっかりとケアをするとともに、肌バリアの低下を防ぎ、冬に備えることができます。

 

一年の中で一番肌が荒れやすい時期です。
気温の低下に伴って、空気が乾燥します。

まずは、とにかく肌を保湿することが一番大切なポイントです。
できれば、セラミド入りの高保湿化粧水を使用すると効果が大きくなります。

部屋の中は、加湿器をつけたり、濡らしたタオルを部屋内で干しておくと無駄な乾燥を防ぐことができます。
湿度も気にすると、肌へのダメージを抑えることができます。

また、新陳代謝の低下や血行不良などで、肌荒れやニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。
フェイスマッサージでさすったり、揉んだりすることで、血行を良くして肌トラブルを防ぐことができます。