思春期ニキビはもう嫌だ。その原因と治し方について紹介!

思春期ニキビとは?

10代の頃にできるニキビを思春期ニキビと呼んだりします。

時期は人によって個人差がありますが、だいたい小学生高学年〜大学生くらいの間にニキビができやすい状態になります。

ニキビの症状も症状にも個人差があります。
ひどい場合には、肌が赤く腫れ上がってしまったり、ニキビの跡が残ってしまいます。

外見からもニキビが目立ってしまうため、実際に悩む人はとても多いです。
時期は違えど、誰しもが1度は思春期ニキビに悩まされるくらい高い割合です。

思春期ニキビに対して、間違ったケアをしてしまったり、さらにダメージを与えてしまうとニキビが悪化してしまいます。

大人になってもニキビ跡が残ったり、ボコボコとした肌になってしまうこともあり、一生悩まされてしまうことになり得ます。

将来、あの時にしっかりとニキビをケアしておけばよかったと後悔しても遅いです。
正しいケアを行い、しっかりと思春期ニキビと向き合うことが大切です。

 

思春期ニキビの原因

思春期ニキビができる原因は様々なことが挙げられます。
その中でも以下の2つの原因が大きく影響します。

 

皮脂の分泌量の増加

10代の思春期の頃は、特に多い量の皮脂が分泌されます。
男性の場合は、女性の約3倍もの皮脂が分泌されるため、1日に多くの量の皮脂が分泌されています。

分泌された皮脂は、毛穴に溜まっていきます。
この溜まった皮脂をそのままにしておくと、アクネ菌が大量に繁殖します。

このアクネ菌によって、炎症を起こしてニキビができてしまいます。

 

ホルモンバランスの崩れ

成長期と重なると、体内のホルモンのバランスが大きく変化します。
これは、正常なホルモンの変化であり、防ぐことはできません。

しかし、ホルモンバランスに影響するのはそれだけではありません。
ストレスや睡眠不足、食生活の乱れや紫外線の浴びすぎなどによって、ホルモンバランスが変化します。

ニキビには生活習慣が大きく影響してきます。

 

思春期ニキビ治し方

思春期ニキビを治すためには、いくつかよい方法があります。
特に、以下の2つのポイントについては予防するようにすると、思春期ニキビの状態が変わってくるはずです。

 

正しい生活習慣とビタミンCの摂取

1日3回の食事と十分な睡眠が大切です。

思春期の時期は、忙しかったり起きる時間が遅かったりして、朝食を抜いている人が多いです。
それだと、体内の生活リズムが崩れてしまいます。

1日3回の食事をとり、さらにビタミンCを意識的に摂取すると効果的です。

参考 肌に良いビタミン Cはどんな効果があるのか?

 
また、睡眠不足もホルモンバランスを大きく崩してしまいます。
22時〜2時の間は、寝ている間に多くの成長ホルモンが分泌される時間帯です。

睡眠時間がしっかりとれているだけでなく、規則正しい時間の睡眠も大切です。

 

洗顔料と化粧水

皮脂が分泌されてから、そのままにしておくと毛穴からアクネ菌が増殖してニキビができます。
そのため、毛穴まで洗顔できるように、泡立ちの良い洗顔料を使用すると効果的です。

しかし、思春期の肌はまだまだ未熟で、とてもデリケートな時期です。
その場合、洗顔料の保湿力が肌への優しさを左右します。

皮脂を落としつつ、なるべく優しい洗顔料を選ぶと良いと思います。

また、洗顔後は肌が乾燥します。
この状態で放っておくと、残った皮脂を固めてしまいます。

それによってニキビとなってしまう場合もあります。
そのため、化粧水や乳液、オールインワンジェルなどを使って、肌をしっかり保湿すると、とても効果的です。