化粧水の使用期限って?古い化粧水は普通に使えるもの?

化粧水の使用期限

化粧水の使用期限ってある?

化粧水には使用期限が記載されていません。

しかし、実際には使用すべき期間があることは、男性はもちろんですが女性も認識していない方が多くいます。

期限が明記されていない理由として、「薬機法」という法律の以下のようなことが関係しています。

「製造後または輸入後、未開封の状態及び適切な環境で3年以上保存しても、品質の劣化や安全性に何ら問題ない製品においては、製造年月日と使用期限の記載はしなくても良い

ただ、実際にだいぶ昔の化粧水を使っていいのかどうかわかりませんよね。

今回は、化粧水の使用期限について触れたいと思います。

 

未開封の場合

化粧水が未開封の場合の使用期限

先ほど登場した、薬機法の記述により、未開封状態で3年を使用期限としています。

ただし、製造してから3年間であるため、実際に購入してから2年~2年半くらいが限界だと思われます。

もし詳しい製造年月日を知りたい場合、メーカーに問い合わせれば教えてもらうことができます。

化粧品には突然の品質異常などの予期せぬトラブルに対応するため、必ず製造日の分かるロット番号が記載されていますので、その番号で製造日を割り出すことが可能です。

 

開封した場合

開封済みの化粧水の使用期限

開封した後の化粧水は、どのくらいの期間もつのでしょうか?

化粧水は、開封して空気に触れた瞬間から酸化が進むので、日数が経つにつれどんどん品質が低下していき、容器の口から雑菌も繁殖します。

このように劣化した状態の化粧水を使用すると、雑菌を直接肌に塗ることになってしまいます。

かゆみや肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまう危険性が高まります。

しかし、成分が分離していたり臭いに変化があったら間違いないのですが、ほとんどの場合、化粧水に雑菌が繁殖していても、見た目やにおいの変化はほとんどありません。

従って、化粧水を安全に使用するには、開封してからの期間で判断する必要があるのです。

基本的に、化粧水の開封後の使用期間は、最大でも6か月です。

これ以上の期間が過ぎている化粧水は、使用を避けるようにした方が良いです。

 

開封後に高い品質を保つ保存方法は?

未開封の場合は約3年、開封済みの場合には約6か月が使用期限ですが、これは最低限の保存方法を守った場合の期間です。

保存状態が悪いと、これらの期間よりも短くなってしまい、化粧水の劣化を一気に早めてしまいます。

守るべき保存の条件について、紹介します。

 

日光/高温多湿は避ける

カビや雑菌は、高温多湿な環境が大好物です。

化粧水は、お風呂上りや洗顔後に使用するアイテムなので、すぐ手に取りやすいよう洗面所に保管している人が多いことと思います。

ただし、部屋の中で湿度が高くなりやすい場所です。

入浴後に、洗面所をあまり換気していないという場合は、保存状態があまり良いとは言えません。

また、化粧水は直射日光を浴びると高温になり、成分が変性して分離や変色してしまいます。

それによって、使用する際に勝手が良く、化粧品を劣化させにくいおすすめの保管場所は、洗面所内にある扉つきの棚の中です。

多量の湿気からも逃れることができ、一定の温度を保って保管することができます。

 

蓋を完全に閉めていない

化粧水を使用して、完全に蓋を閉めない状態で保管しておくと、雑菌が大量に繁殖します。

また、中身が空気に触れ続けるため、酸化するスピードが一気に早くなります。

蓋をしっかりと閉めるだけで保存状態が大きく変わります。

化粧水の容器の蓋は、使用したらすぐに閉めるよう習慣づけましょう。

しっかりと閉まっていない場合には、化粧水の使用期限はもっと短くなります。

 

容器の口に手を触れない

化粧水をまず手に取って使用する人は多いと思いますが、人間の体の部分で一番雑菌が多いのが手です。

化粧水は容器の口から雑菌が侵入するので、口部分に手が触れると、手の雑菌がそのまま中身に混ざってしまいます。

化粧水を使用する前には必ず手を洗い、清潔な状態にすることはもちろんですが、なるべく口に触れないよう意識して手に取りましょう。

お風呂上がりに使用する場合でも、なるべく口に触れないようにした方が安全です。

これらのことを守るだけで、化粧水の品質を高く保ったまま保存することが可能なのです。