メンズスキンケア 正しい洗顔方法と注意点

洗顔の正しい手順

洗顔は、スキンケアをする一番最初のステップとなります。
やり方次第でスキンケアの効果を左右する土台となるプロセスです。

男らしくワイルドにゴシゴシ洗っていませんか?
肌を大切にしながら洗顔していますか?

無意識に肌を傷つけている洗顔をしている方は多いです。
正しい洗顔方法を一度確認しておくことをお勧めします。

 

①手を洗う

手が汚れていたら、きれいに洗顔できないことは言うまでもないですよね。
かなり基本的なことですが案外できていないかも。

ハンドソープや石鹸でしっかり洗いましょう。

a1180_003485

 

②ぬるま湯で洗う

空気中のホコリや汚れが顔の表面に付着しているため、洗って落とします。
こすらずに洗い流すイメージで行うことがコツです。
こする癖のある方は、毎日意識して洗い流す癖をつけてください。

a0001_017216

適切な温度は約32°Cと言われています。

手でさわった時に、ちょっと冷たいくらいが目安となります。

シャワーで洗顔する場合には、直接でなく、桶に入れて温度調節してから洗顔するようにしましょう。
適切な温度での洗顔は、毛穴が開くため、奥までしっかり洗い流すことができます

熱すぎる場合には必要以上に皮脂を落とし、乾燥してしまいます。
冷たすぎる場合には汚れが落ちず、毛穴に詰まる恐れがあります。

温度に神経質になりすぎる必要はありませんが、ある程度意識して洗顔するといいですね。

 

③洗顔料で汚れを落とす

洗顔料でしか落とせない皮脂を落とします。
よく泡立てることがコツです。

泡を顔に乗せて、転がすように洗うようにしましょう。
肌に優しく、傷つけることを防ぎます。

coconut-goatmilk-soap

また、泡はきめ細かいほど、毛穴の奥まで届き洗浄することができます。

手で泡を上手に作るには手間や技術が必要です。

泡をうまく・簡単に作るには、泡立てネットを使いましょう
自分で泡を作れるようになりたいという方以外は、購入することをおすすめします。

 

④ぬるま湯で洗い流す

約32°Cのぬるま湯で洗顔料をしっかりと洗い流しましょう。
特に耳の横やあごは、洗顔料が残りやすいので気をつけてくださいね。

こちらもゴシゴシ洗うのではなく、洗い流す意識をお忘れなく。

 

⑤タオルで拭く

ここでゴシゴシ拭いてしまっては、今まで肌に優しくしたのが台無しになってしまいます。
タオルをあてるようにして、顔を拭きます。

これで、肌を傷つけることなく、汚れをきれいに落とすことができました。
洗顔は多すぎると、皮脂を落としすぎて肌がボロボロになってしまいますし、
少なすぎると、ニキビの原因となります。

a0001_017202

朝と夜の二回を目安にしましょう。
基本的にはこれで問題ないと思いますが、肌の調子を見ながら自分に合った頻度に調整してみましょう。

 

洗顔料の種類

石鹸タイプ

天然成分やオーガニック入りなど種類が多いです。
白っぽい不透明なものはオイルベースで作られていて、洗浄力が高く、刺激が強めです。
透明に近い石鹸は、保湿成分が配合されていて、洗浄力が弱く、刺激が弱いのが特長です。

nona

長持ちするためコスパもよく、失敗も少ないため、一番オススメの洗顔料です。
使用する際には、泡立てネットを使いましょう。

 

フォームタイプ

チューブに入っていて、洗顔料として多くの商品があります。
ものによっては、さっぱりと洗顔することだけを考えて、刺激の強いものも多いですので、
使うものはしっかり選んで購入しましょう。

12271205_567f557f34bc1

スクラブ入りのものは、洗顔の気持ち良さがありますが、肌を傷つけるのでオススメしません。
適度な量がわかるまで、量の調整が必要です。

しっとりタイプなどもあり、商品によって刺激は様々です。

 

泡タイプ

きめ細やかな泡が作られるため、朝時間がない人や、あまり時間をかけたくない人にオススメです。
また、外出先など持ち運びにも便利です。

d4e1020d77b70e4d3c10a4dd17b8c8b2-300x300

フォームタイプに比べて、刺激の強いものは少ないです。

 

ジェルタイプ

洗浄力が高く、脂性肌の人にオススメです。
肌になじみやすいため洗浄力の割に刺激はそこまで強くないのが特長です。

泡立ちも良いため、刺激の弱いものでは物足りない人はジェルタイプを使ってみるものアリですね。

 

洗顔料について

いかがでしたか?
洗顔はスキンケアの起点となる工程なので、毎日しっかりと行いましょう。

洗顔料のおすすめランキングはこちら。
メンズ洗顔料おすすめランキングBEST10!