食用洗剤による手洗いは手荒れする?その原因と対処方法について

食器洗いには、必ず使用する食用洗剤。
毎日つかっていると、食用洗剤によって肌にダメージを与えて、手荒れが起きます。

手がガサガサしたり、割れて血が出てしまうことも稀ではありません。
特に、台所での作業が多い主婦の方や飲食業で働く方にとっては、とても悩ましい問題です。

人に手を見せたり、人を手で触ることに対してためらいが生じるようになります。

まず食用洗剤によって、なぜ肌荒れするかを知ることで正しい対処方が見えてきます。

 

なぜ食用洗剤で肌荒れするの?

食用洗剤には、油汚れを落とすために数多くの成分が配合されています。

一般家庭の台所で使用する洗剤は、基本的には合成洗剤を使用しています。
この合成洗剤には、洗浄力を高めるための成分がたっぷりと入っています。

手に洗剤がついた時に、以下のような働きが起こります。

  • 洗剤が肌に浸透して内側からダメージを与える
  • 手の皮脂を落としてバリア機能を低下させる

手についた洗剤は、肌に浸透してしまいます。
そうすることで、内側から肌にダメージを与えて手荒れへと導きます。

使うたびにどんどんとダメージが蓄積されてしまいます。

また、当たり前ですが、食用洗剤は、油の洗浄力がとても高いです。
手についた時に、手の皮脂も落とすため、肌のバリア機能が低下します。

すると、手に含まれている水分を外に逃がしてしまい、ガサガサとした乾燥した肌へと変化させてしまいます。

 

手荒れの対処方法

手荒れがひどくても洗い物はしなくてはなりません。
それは、家庭内でも飲食業でも変わりありません。

しっかりと対処して、きれいな手を取り戻しましょう。

 

お湯で手を洗う

洗剤は、洗い流しても簡単には落ち切ってくれません。

洗剤を含ませたスポンジで食器をこすった後に、なかなか洗剤が落ちてくれないのと同じで、手にも洗剤が残っています。

洗剤が落ちたと思っていても、実はまだ残っているというケースがあります。

この場合、長時間、手に洗剤がついている状態になるため、その間はずっとダメージを与え続けてしまいます。

しっかりと落とすために、できればお湯で手を洗うことで洗剤が落ちやすくなります。

また、その後はしっかりと水分をふき取ることが大切です。

少し意識するだけで、手荒れが改善される場合があるので、甘く見ずにしっかりと入念に手洗いを行いましょう。

 

台所用ゴム手袋をつける

台所用のゴム手袋を使えば、食用洗剤を直接触れずに洗い物ができます。

これを使えば、食用洗剤による影響を完全にカットできます。

肘まであるタイプがほとんどで、洗い物中にゴム手袋の中に水が入る心配もありません。

飲食業で働く方は、使えない場合があると思いますが、自宅でなら簡単に手荒れを防ぐことができます。
100円ショップに売っていたり、通販でも簡単に購入することができます。