【バルクオム】乳液の使い心地を素直にレビュー!

(追記)
2017/09/01より、定期コースの継続縛りがなくなった「肌活コース」へと変更となりました。
初回は、全額返金保証もついているため、とても購入しやすくなりました。

詳しくは、こちらの記事に掲載しています。
バルクオム肌活コース【失敗あり】バルクオムの化粧水・洗顔セットの本音レビュー

 

男性用に作られたバルクオムのスキンケアセット。
今回は、乳液の感想を、実際に使ってみないとわからない部分まで含めて紹介していきます。

 

バルクオムの特徴

BULK HOMME

自然由来成分配合

収穫してから4か月経過しても腐らないという、スイスの希少なリンゴ。
この細胞幹から得られた「リンゴ細胞幹エキス」は、とても高い保湿力を持っています。

バルクオムではリンゴ細胞幹エキスを配合することで、他では真似できないような高い保湿力を実現しています。

また、角質層まで浸透させる働きのある加水分解シルクや、肌の引き締め効果があるクレイミネラルズなどの成分も配合しています。
これらの50種類以上の成分が、さらに肌を整える効果をもたらします。

 

男性に向けた本格スキンケアセット

バルクオムは、洗顔料・化粧水・乳液の3つに分けて販売されています。
肌をきれいに洗い流し、しっかりと保湿した後に、その保湿をキープするというステップでスキンケアできます。

また、男性の肌にとって一番効果的になることに専念して商品が開発されています。
本格的なスキンケアをしたい男性にはぴったりのスキンケアセットです。

 

500円のスキンケアコースから始められるが・・

約7日分のスキンケアセットを500円で始めることができます。
しかし、これには注意が必要です。

たしかに、初回の7日分のスキンケアセットを500円で購入することができます。
しかし、この7日分だけでなく、その後の4ヶ月分も購入することが約束されてしまいます(計5回以上の購入)。

そのため、実際には、初回500円ですが、4か月以上の継続まで代金を支払わなければいけません。
この契約方針は、しっかりと読まないとわからないため、知らずに購入してしまった方も多いです。

知らなかった場合でも、途中から解約するのは難しいです。
これで解約できなかった方達とのトラブルが発生して、商品のレビューが落ちたりしています。

不親切な契約のように感じますが、この初回500円には惑わされないように注意しましょう。

 

メディアでも度々紹介

テレビや雑誌でも度々紹介されているバルクオム。
また、三浦翔平さんも愛用していて、Instagramでオススメしていることが話題となりました。

商品自体の品質がとても高いことが注目を集めている一つの要因です。

 

バルクオム 乳液のレビュー

商品到着

バルクオムのスキンケアセットが到着しました。
とても綺麗な箱に入っています。

開封するには、開け口がついているため、そこから開けることができます。

中にはスキンケアセットがきっちりと並んで入っています。
白を基調とした、とても綺麗なデザインに商品のこだわりを感じます。

細かい部分まで丁寧に作り込まれていて、使うのがワクワクしてきます。

中に入っていたものは、「洗顔料」「化粧水」「乳液」「タオル」「洗顔ネット」「詰め替えボトル(化粧水・乳液用)」「商品カタログ」の7つでした。

男性用のスキンケアセットでこれだけしっかリと揃っているのは、なかなかありません。
これまでスキンケアが習慣でなかった方も、これを購入すれば、喜んで使えそうです。

商品カタログの中は、バルクオムの商品が書いてあったり、成分の説明などが載っています。

今回レビューに使うのは、乳液と詰め替えボトルの2つのアイテムです。

詰め替えボトルは、バルクオム公式ストアの定期コースの二回目が発送される時のみ同梱されています。
化粧水用と乳液用の2種類が送られてきます。

「4」と書かれている方が化粧水用で、「2」と書かれている方が乳液用の詰め替えボトルになります。

乳液の詰め替えボトルは、化粧水の詰め替えボトルよりもひとまわり小さいサイズです。
どちらもシンプルなデザインのため、どこにおいても馴染みそうなデザインです。

乳液は、透明な箱の中に入っているため、取り出していきます。

この容器の大きさも、化粧水よりひとまわり小さいサイズになっています。

透明のプラスチックの箱の横側に、乳液に含まれている成分が載っています。
リンゴ果実培養細胞エキスなどの保湿成分や、加水分解シルクなどの自然由来成分などが配合されています。

乳液の容器の裏側には、使い方や注意点などが載っています。
内容量は100g入っていて、1日2回の1ヶ月間が目安のようです。

化粧水は、一本で200ml入っているので、使う量としては化粧水の半分程度で良いみたいです。

使い方としては、10円玉サイズ程度の乳液を出し、体温で軽く温めてから、顔の内側から外側へやさしく伸ばしていくのがポイントのようです。

体温をうつすために、手のひらに乳液を出してからすぐにつけないようにしたり、冷えやすい場所に保管しないようにすると良いと思います。

乳液の出口部分はキャップで閉まっています。

手でカチッカチッと開閉できるためとても簡単です。
空気をしっかりと密閉できるため、衛生的に保管することができそうです。

乳液は、これくらいの細い出口からでてきます。
細めになっているため、量の調節も簡単にできそうです。

詰め替えボトルの方は、乳液の場合、1回あたり2プッシュが目安のようです。
化粧水は4プッシュと書いてありましたが、実際は2プッシュで十分使える量が出ていたので、乳液はどうでしょうか。

とても細かい話ですが、乳液なのに「THE LOTION」と書かれているのは、少し違和感を覚えます。

容器の裏側にも使い方が書いてあります。
乳液の容器に書いてあった使い方のほうが詳しく丁寧に書かれています。

キャップを開けて詰め替えボトルの中に乳液を入れていきます。
容器のキャップを開けて逆さまにすると、乳液が垂れやすいので、慎重にやった方が良いです。

100mlの乳液をすべて入れると、詰め替えボトルも丁度いっぱいくらいに入りました。

乳液が入っていた容器は、とても絞りやすく、最後まで無駄にならずに詰め替えボトルに入れることができます。
手で絞っただけでも十分きれいに出すことができました。

わざわざ容器をハサミで切って、残った分をとったりする必要はなさそうです。

 

バルクオム 乳液を使ってみた!

使い方通りに手のひらに2プッシュ分出してみました。
詰め替えボトルがない場合には、10円玉サイズが目安になるようです。

手に出すと、シャボン系の爽やかないい匂いがしてきます。
男性向けの商品らしいような香りでなく、女性でも使えそうな自然で癒されるような香りでとても良いです。

また、乳液はけっこうとろみが付いていて、もったりとしている感じです。
指でなぞると形が維持するくらいのとろみがあります。

バルクオムの化粧水をした後に、乳液をつけてみました。
顔全体に広げても少し余るくらいだったので、首元にまで伸ばしました。

実際に使うには、1.5プッシュくらいでも十分な量で使えるとおもいます。

また、つけてからベタベタする感じはあまりないのですが、油分があります。
乳液をつけた手を水で洗うと、手に残っていて落ちにくいです。

肌がベタベタするというよりは、長時間しっかりと保湿できる印象でした。
普段、皮脂がとても多い脂性肌の方は、べたつきすぎると感じる方もいると思います。

乳液の浸透力は高く、早く肌になじんでいくので、顔に残っている感じはまったくありませんでした。

しばらく様子をみてみると、化粧水だと肌触りの良いサラサラとした肌になりますが、乳液の保湿のおかげでもっちり感が出てきました。
シンプルな使い心地があり、幅広い肌質で使用できると思います。

 

まとめ

とても使いやすく、バルクオムの化粧水と使うことをおすすめします。
使う量は、1.5プッシュくらいでも十分なため、1か月以上はもつと思います。

保湿をし続けてくれるというよりは、肌にもっちり感を出してくれるという印象です。
それほど、効果が実感しやすいのだと思います。

購入を検討されている方は、繰り返しになりますが、一点注意が必要です。
約7日分のスキンケアセットを500円で始めることができます。
しかし、この7日分だけでなく、その後の4ヶ月分も購入することが約束されてしまいます(計5回以上の購入)。

公式サイトをよく読めば、しっかりと書いてあることなので、失敗しないためにもよく読んでから購入しましょう。