【ZIGEN】日焼け止め UVクリームジェルを使った効果をレビュー!

男性用のオールインワンジェルやフェイスウォッシュなどを販売しているZIGEN。
どちらもとても性能が高く、本サイトのランキングでも上位に入るほど。

そんなZIGENから販売されている日焼け止め「UVクリームジェル」を試してみました。

 

ZIGEN UVクリームジェルの特徴

ZIGEN UVクリームジェル

 

紫外線吸収剤を不使用

日焼け止めの商品の中でも、多くの日焼け止めが、少なからず紫外線吸収剤を使用しています。
紫外線吸収剤は、肌表面で化学反応を起こし、熱エネルギーに変えることで紫外線を放出しています。

デメリットとして、肌への負担が大きくなることが挙げられます。
ZIGEN UVクリームジェルは紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めです。

その代わりに肌への負担が少ない紫外線反射材を配合しています。
主原料である酸化亜鉛と酸化チタンが紫外線を跳ね返します。

肌への負担を大幅に軽減しつつ、紫外線をしっかりとカットします。

 

肌を優しく保湿

敏感肌の方でも毎日使えるように配慮されています。

パラベンフリー、シリコンフリー、鉱物油フリー、無香料・無着色で化学成分による肌への刺激をカットしています。

また、保湿に欠かせないヒアルロン酸や美容効果のあるスクワランも配合しています。
乾燥からも肌を保護する働きがあります。

 

適度な数値の日焼け止め

日焼け止めに使われるSPFやPAの数値は高ければ高いほどいいというわけではありません。

数値が高すぎると肌への刺激も増加します。
実際に日焼け止めをする上で、SPF20/PA++くらいあれば十分です。

日焼け止めを使用する上で大切なポイントは、SPFやPAの数値の高さではなく、こまめに塗りなおすことです。
参考 紫外線予防が劇的に変わる!日焼け止めを選ぶよりも大切なことはこれ!  

ZIGEN UVクリームジェルは敏感肌の方でも何度も塗り直しでき、同時に肌をケアする効果があります。

 

ZIGEN UVクリームジェルのレビュー

商品到着

ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」が到着しました。

UVクリームジェルはとてもシンプルなデザインをしています。
ZIGENでは、他にもオールインワンフェイスジェルやフェイスウォッシュなどがあります。

それらとシリーズ感のあるデザインをしています。

裏面に配合成分や使用方法などの記載があります。
日焼け止めの数値としては、「SPF21」「PA++」です。

また、保湿成分の基礎であるヒアルロン酸Naや、美容効果のあるスクワランなどが配合されています。

使用方法としては、適量を肌に押し込むようにして塗布するといいようです。
また、日焼け止めは塗り直しがとても大事ですが、「汗をかいた後」や「タオルで拭いた後」には塗り直しが推奨されています。

最初は、キャップ部分にシールが貼られています。
このシールを剥がしてから使用します。

キャップを回して外すと、日焼け止めの出口部分が見えます。
細めなので、微調節がしやすそうです。

 

実際に使ってみた!

UVクリームジェルを手に出してみると、ジェルというよりは固体のような硬さがありました。
手のひらに出してもしっかりと形を維持しています。

日焼け止めの色は、肌の色に近い色をしています。

少し伸ばしてみると、固形が崩れて広がっていきます。

実際に使ってみると、とても伸びがよく、この量で両腕全体を塗ることができました。
特に香りはしないため、気軽に使いやすいです。

また、保湿成分は美容成分が配合していることもあり、使用感として肌にとても優しく使うことができました。
刺激なく顔全体に伸ばすことができました。

日焼け止めはこまめに塗りなおすことが一番大切と言っても過言ではありません。
敏感肌の方でも何度も何度も塗り直しができると思います。

また、塗った日焼け止めを伸ばした時に白浮きせず、肌に自然に馴染んでいきました。

液体の日焼け止めに慣れている方は、最初の使い心地は違和感があるかもしれません。
固形クリーム状ですが、べっとりとせずに使用できます。

何度も何度も塗り直して、しっかりと紫外線をカットしましょう。

 

お得に購入するには?

ZIGEN公式ショップで購入出来る商品です。
5000円以上で送料無料になったり、2本まとめて買うなどでお得になります。

こまめに塗りなおしながらしっかりと紫外線をカットできると思います。