男性が化粧をする前に知るべきファンデーションの種類2つと特徴

メンズが知るべきファンデーションの種類と特徴

男性が化粧を始める前に知っておきたいファンデーションの種類と特徴をまとめました。

ファンデーションの種類は多くありますが、基本的な2種類を覚えておきましょう。

ますは、これらのファンデーションのどちらかを使うことから始めると良いでしょう。

 

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションは名称通り、粒子一つ一つでできた粉状のファンデーションです。

水や汗を弾く役割のあるシリコンオイルなどの油性成分や、紫外線から肌を守る紫外線吸収剤などでコーティングし、圧縮して押し固めたものになります。

油性成分が少ないため、軽くサラサラした肌触りと付け心地が特徴で、ムラがなく均一に仕上がるのが特徴です。

その仕上がりの自然さから、メイクしていることを気づかれたくない男性には扱いやすく、人気のファンデーションと言えるでしょう。

また、多くのメーカーやブランドが販売していることもあり、比較的入手しやすいファンデーションです。

 

メリットデメリット

パウダーファンデーションのメリットは以下のことが挙げられます。

  • 皮脂のテカリを抑える
  • 肌に優しい
  • 化粧が長持ちしやすい
  • 化粧直しが簡単

粉の配分量が油分に比べとても多いので、余分な皮脂を吸い取って肌のテカリをおさえることができ、マットで滑らかな肌に見せることができます。

そして、乳化剤や防腐剤などの添加物がフリーなものが多いので、敏感肌の男性でも使いやすい特徴があります。

また、濡らしたスポンジで使用することもでき、その場合、肌への密着度が増すので、化粧崩れしにくくなります。

パウダーファンデーションは鏡付きのコンパクトケースに入っていることが多いので、さっと短時間で化粧を直すことができるのも、男性にとっては嬉しいメリットとの1つです。

 

パウダーファンデーションのデメリットは、以下のことが挙げられます。

  • 十分な保湿が必要
  • シワが目立ちやすい
  • ニキビやできものを隠しにくい

肌が乾燥していると、パウダーが肌に綺麗に密着せず、顔の全体から白い粉をふいたような見た目になってしまうことがあります。

また、薄付きなため、カバー力があまり高くなく、ニキビやできものを隠したい場合には、しっかりと隠しきれない傾向にあります。

つい気になる部分を隠したくて、何度も同じ個所をスポンジで塗り重ねたくなりますが、その行為は厚塗りになるどころか、シワ部分にパウダーが溜まってシワを際立たせてしまうので注意が必要です。

 

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションの良い点悪い点

リキッドファンデーションは、その名の通り液状になっており、チューブやポンプ式の容器に入っています。

顔料、パウダーファンデーションと比べて2~3倍の油性成分、保湿の為の水性成分、水と油をつないでくれる界面活性剤、その他にも乳化成分などが含まれており、肌へみずみずしい潤いを与えてくれます。

感触はサラッとした軽いものから、どろっとした重いものなど様々ですが、どれも肌に良く伸び、しっかり密着するのが特徴です。

 

メリットデメリット

リキッドファンデーションのメリットは、主に以下のことが挙げられます。

  • 肌に浸透しやすい
  • 肌に艶が生まれる
  • ニキビやできものを隠せる
  • 肌の凸凹が目立ちにくい

肌馴染みが良く、しっとりと仕上がるので、肌が乾燥している方に向いています。

また、肌に程良い艶が出るので、顔に立体感が生まれ目鼻立ちがはっきりします。

目立ってしまう毛穴やニキビ跡の凸凹を塞ぎ、青ひげやシミ・ニキビなどの肌の悩みを隠すには、より密着度の高いリキッドファンデーションが適していると言えるでしょう。

大事な写真を撮る際や、絶対に肌の悩みを隠したい特別な日にはリキッドファンデーションがおすすめです。

また、複数のトーンのリキッドファンデーションを少量ずつ混ぜ色味を調整し、季節によって変化する自分の肌色に合うファンデーションを作れることは、パウダーファンデーションにはない魅力の一つでしょう。

 

メリットに対して、デメリットは以下のことが挙げられます。

  • 皮脂の分泌とともに崩れる
  • 長時間持続しない
  • 化粧を直しづらい
  • 肌への負担が大きい
  • 慣れるまで不自然な仕上がりになりやすい
油性成分が多いため、時間の経過と共にリキッドファンデーションに皮脂が混ざると、見た目にムラが出て化粧が崩れます。

夏場にはたくさんの汗と共に、ドロドロと流れてしまう場合があります。

こういった場合、上からリキッドファンデーションを重ねても、さらに油分が邪魔をしてムラになりやすく、化粧直しが難しいのです。

男性は、女性よりも約3倍の皮脂が分泌されると言われているため、リキッドファンデーションを使用すると、あまり長時間は持ちません。

また、サラサラと薄付きのパウダーファンデーションと比べ、薄く伸ばしたつもりでも、いわゆる「肌に塗った感」が出て不自然な仕上がりになる場合があります。

リキッドファンデーションは塗り慣れることが大切です。

メリットでもある高い密着力が毛穴を塞いでしまうこと、そして防腐剤など配合されている添加物が多いことから、使い続けることで肌への負担は大きくなる傾向があります。