肌に良いビタミン Cはどんな効果があるのか?

肌に良いとされるビタミンC。
ビタミンCの効果を知り、意識的に摂ることで、スキンケアの効果が表れるほど重要な栄養素です。

実際にどんな効果があるのでしょうか?

ビタミンCが持つ美肌効果

ニキビを治す

ビタミンCは活性酸素を分解します。
活性酸素とは、普段の呼吸で摂り入れられた酸素が変質したもので、体の細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。

これを分解することで、ニキビの炎症を抑えることができます。
また、できたニキビを治す働きも持っています。

さらに過剰な皮脂を抑えることもできます。
肌のべたつきを抑え、今後ニキビができにくい肌へと導いてくれます。

ニキビに悩んでいる方は、ビタミンCを多く摂取すると良いとよく言われますが、とても有効な手段の一つです。

 

肌に潤いを持たせてシワ予防

ビタミンCは、保湿成分のコラーゲンを合成して増やすことができます。
うるおいがなくなってきているからといって、保湿成分ばかりを大量に摂取していても効果に限度があります。

コラーゲンとビタミンCを一緒にとることで、相乗効果が表れます。

また、肌に最も重要な保湿成分とも言えるセラミドも、合成を促進する働きを持っています。
肌荒れや乾燥肌を治し、ハリと弾力でシワを解消することができます。

 

シミを改善して白い肌に

ビタミンCは、還元作用と、酵素阻害作用を持っています。
これらで、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、シミを予防することができます。

また、ビタミンCはすでに黒くなったシミも肌を漂白させる働きがあります。
シミをなくし、白い肌にしてくれる効果があります。

 

毛穴を引き締める

男性の場合、女性に比べて皮脂の分泌量が多いのが特徴の一つです。
年齢を重ねるにつれて、毛穴が開き、皮脂の分泌量が増えて肌がべたつきます。

ビタミンCは毛穴を引き締まる効果と皮脂の過剰分泌を抑える効果があります。
毛穴を引き締め、べたつきのない肌にしてくれます。

 

紫外線から肌を守る

ビタミンCは、紫外線から守る効果まで持っています。
日焼けをした後は、肌の炎症とともに活性酸素が生じます。

これを分解することで、肌へのダメージを最小限に済ませることができます。

 

ビタミンCが不足すると?

ビタミンCは肌に様々な効果があることがわかりました。
本当にこんなにいいの?と疑問に思うくらい、良い効果がありますね。

逆にビタミンCが不足すると、体に症状が表れます。
疲労感を感じやすくなり、皮膚や粘膜、血管などがもろくなり肌荒れや血管によるさまざまな病気が発症します。

切り傷の治りが悪くなり、皮膚のハリがなくなり、老化現象が進みます。
肌だけでなく、骨や歯が弱るなどの症状が出やすくなります。

また、免疫力が落ち、風邪をひきやすくなるなど、体が弱くなります。

美容と健康のためには、毎日続けてビタミンCをとるように心がけることが大切です。
毎日続けることで徐々に効果が表れてきます。

 

 - スキンケア , ,